Googleビジネスプロフィールを放置すると多くのリスクが

  • MEO対策でGoogleマップ検索結果を上位表示させようと思い、Googleビジネスプロフィールに登録したが、運用が面倒だから放置したい。
  • 店舗の営業時間や臨時休業時の通知など、さまざまな情報更新が必要で、しかも作業方法がよくわからず、できればなるべく触りたくない。

Googleビジネスプロフィールに登録してMEO対策を施したものの、運用がおっくうになった、Web担当者になってしまった会社員の皆さまや、経営者の皆さまは多いのではないでしょうか。

しかしGoogleビジネスプロフィールを放置すると、リスクが発生します。
今回は、そのリスクについて解説したいと思います。

メリットが多いGoogleビジネスプロフィール

冒頭からいきなり「Googleビジネスプロフィール」という言葉を出しました。
そもそもGoogleビジネスプロフィールとは何か。
まだよくわからないという皆さまのために、少し解説したいと思います。

Googleビジネスプロフィールとは、Googleが提供している検索やGoogleマップ上に、店舗や企業情報を掲載できるサービスのことです。
Googleビジネスプロフィールにビジネス情報を登録すると、Google検索結果・Googleマップなど、Googleのサイト上に情報を表示でき、最新情報を更新・管理できるようになります。

Googleビジネスプロフィールを導入するメリットやMEO対策をするメリットについては、「BtoC事業者に有効なスマホ集客とMEO対策」にて書きました。

【参考】
BtoC事業者に有効なスマホ集客とMEO対策

すでにスマートフォン(以下、スマホ)が普及した現代において、街中でのインターネット検索で強い効果を発揮するのが、MEO対策及びGoogleビジネスプロフィールの導入です。

Googleビジネスプロフィールを利用すると、

  • ナレッジパネルの情報編集
  • 口コミの返信
  • リアルタイムの情報発信

などが可能になります。

その結果、

  • 正しい店舗情報に編集可能
  • 投稿・口コミでユーザーと交流できる
  • 分析データをもとに広告が打てる

といったメリットが生じます。

しかしその一方で、デメリットもあります。

Googleビジネスプロフィールのデメリット

Googleビジネスプロフィールのデメリットは、大きく分けて3つあります。

  • アップした写真の表示場所を自由に設定できない。
  • 悪意のある口コミが投稿されることがある。
  • 継続して情報を更新しないと、Googleマップで目立つ場所に表示されない。

まずは
「アップした写真の表示場所を自由に設定できない」
について。

Googleビジネスプロフィールでは、オーナー確認が取れた後、店舗や企業側で用意した写真を何枚もアップすることができます。
アップした画像は、企業名や店舗名、サービス名などがGoogle検索やGoogleマップで検索された際に、検索ユーザーの目に止まることでしょう。

ここまではメリットといえるのですが、Googleビジネスプロフィールの写真管理機能ではなんと、アップした写真を、任意の場所に自由に配置することができません。

「最も目立つ場所に良い写真を配置して、検索ユーザーの目に留まりたい」ということが、残念ながらできないのです。

Googleビジネスプロフィールでは、写真はGoogle側の判断によってランダムな順番で表示されます。
さらに、店舗や会社側がアップした写真だけではなく、一般ユーザーが投稿した写真も、ランダムに表示されます。

検索ユーザーにとっては宣伝色が薄く、店舗や企業側にとっては思うようにはいかない、そんな仕組みで写真が表示される仕組みになっています。

このデメリットを解消するには、店舗や企業側が、とにかく質の高い写真をアップし続けること。
これに尽きるのではないでしょうか。

続いては、
「悪意のある口コミが投稿されることがある」
について。

Googleビジネスプロフィールでは「一般ユーザーからの口コミ投稿」が特徴的です。
どのGoogleアカウントが投稿したかは表示されるものの、Googleアカウントを取得さえしていれば、簡単に口コミを投稿することが可能です。
その結果、時にはかなり辛口な口コミが、投稿されることもあるでしょう。

根拠のない誹謗中傷の場合など、Googleに報告して、Googleが根拠のない誹謗中傷だと認めれば、削除することは可能です。
しかし基本的に口コミは、すべて公開されます。

インターネット上の不特定多数の人々の目に留まる場所に、後ろ向きなコメントを書かれるリスクがある。
それをデメリットに感じる店舗や企業の皆さまは、多いかもしれません。

最後に
「継続して情報を更新しないと、Googleマップで目立つ場所に表示されない」
について。

残念ながらGoogleビジネスプロフィールは、ただ開設しただけでは、GoogoleやGoogleマップで検索上位に表示されるわけではありません。

  • Googleビジネスプロフィールを開設し、
  • 店舗や企業のサービスの情報をしっかりと入力して、
  • 定期的に情報更新や掲載情報の見直し、写真の追加などを行ったり、
  • 他のSNSやホームページなどのネット媒体で公開した情報も追加し、
  • 店舗や企業ではどのようなサービスを行っているかを宣伝し、
  • 継続して更新することでインターネット上の情報量が増えると、

ようやくGoogleマップで上位表示される……という仕組みです。

開設さえすればすぐにGoogleマップ検索で上位表示されて、集客や売上につながる……という、「伝家の宝刀」ではありません。
運用をサボってしまえば、「伝家の宝刀」は瞬く間に「切れ味の悪い刀」になるでしょう。

長期的な運用でじわじわと効果を発揮していくのがGoogleビジネスプロフィールです。
即効性に乏しく、運用が面倒。
これをデメリットに感じる、ご多忙な店舗や企業の皆さまも、多いかもしれません。

情報改ざんや悪意ある口コミに早めに気づこう

Googleビジネスプロフィールを放置することで予想できるリスクは、以下の3つです。

  • 店舗や企業の情報が改ざんされてしまうことがある。
  • 悪意のある口コミが投稿されることがある。
  • 継続して情報を更新しないと、Googleマップで上位に表示されない。

先ほど挙げた「Googleビジネスプロフィールのデメリット」と、2つほどかぶっています。
これらのリスクは、必ずしも、継続的な更新で回避できるリスクではありません。

しかし、継続的な更新を続けてこまめに手入れしていると、情報の改ざんや悪意のある口コミ投稿に、早めに気づくことができるでしょう。

Googleは「Googleマップは未完成」と認識しています。
そのため、ユーザーから寄せられたスポットの情報の登録・編集を、ポリシーに違反しない範囲で容認しています。

その結果、悪意のあるなしに関わらず、ユーザーの手によって情報が改ざんされてしまうことは、起こりえることなのです。

同じことは、「悪意のある口コミが投稿されることがある」についても言えます。
Googleは、ユーザーから寄せられた口コミも、ポリシーに違反しない範囲の口コミであれば、貴重な情報として扱います。

人それぞれ、さまざまな感じ方や価値観があり、企業や店舗の評価もそれぞれです。
ポジティブな口コミばかりが寄せられるわけではありません。

ネガティブな口コミが寄せられたときは、これまでに気づかなかった「改善のヒント」として受け止めて、前向きに対処すると良いのではないでしょうか。

また、Googleビジネスプロフィールでは、口コミに返信できます。
ネガティブな口コミにも丁寧に誠実な対応をすれば、イメージアップにつなげることができるかもしれません。

最後に「継続して情報を更新しないと、Googleマップで上位に表示されない」について。

実は、継続して情報更新していても、必ずGoogleマップで上位に表示されるとは限りません。
Googleがどのような基準で検索順位を決定しているか、非公開だからです。

ただ、

  • 検索ユーザーの現在位置
  • 企業や店舗の情報量

が、検索順位決定に関わっている可能性が高いと言われています。

継続的に情報を更新して、企業や店舗の情報量を増やしていけば、Googleマップで目立つ場所に表示される可能性が高まることでしょう。

MEO対策ならクオリティロードWeb制作チームへ

クオリティロードWeb制作チームでは、お客さまの「Googleマップでの検索結果を上位にして集客したい」というご要望にお応えするため、MEO対策のサービスを、「Googleマップ検索最適化」と呼び変えてご提供しています。

自店舗を地域ナンバーワンの店舗にしたい中小事業者さま、クオリティロードWeb制作チームにお任せください。

ご興味のある方は、以下のバナーから詳細をご覧ください。

あわせて読みたいコラム

BtoC事業者に有効なスマホ集客とMEO対策
SEO対策で検索エンジンでの上位表示を目指そう
継続的な更新で企業ホームページを育てよう