どんな仕組みでホームページは閲覧できるの?

自社や運営する店舗のホームページを作って運用を始めたものの、そもそもホームページがどのような仕組みで閲覧できるのか……なんてことにはあまり興味のないWeb担当者の会社員の皆さまや経営者の皆さまは、多いことと思います。

そんな皆さまのために、今回は一歩踏み込んで、

  • ホームページの仕組みと構造
  • ホームページはなぜ閲覧できるのか

について解説を試みたいと思います。

ホームページの仕組みと構造

ホームページは、端的にいうと

  • サーバー
  • ドメイン
  • ファイル

の3つの要素で構成されています。

この3つの要素は、例えば、サーバーはインターネット上の「土地」、ドメインはインターネット上の「住所」、ファイルはインターネット上の「家」に例えられて解説されることが多い要素です。

サーバーは、一般的にはレンタルサーバーを通して利用され、ドメインはURLの形式で利用され、ファイルは、HTMLやcss、画像ファイルやデータベースのデータなどから形成されています。

また、多くのホームページは、Webページの集合体でできています。
Webページとは、インターネット上のブラウザで閲覧可能な、ページ単位の文書のこと。

具体的な詳細な説明は「ホームページの仕組みと構造を解説」をご参照ください。

【参考】
ホームページの仕組みと構造を解説

ホームページはなぜ閲覧できるのか

ホームページの構造をざっとおさらいしたところで、いよいよ、ホームページを閲覧できる仕組みについて解説したいと思います。

まずは、皆さまがインターネットで、見たいホームページにアクセスする際のことを思い出してください。

最初に皆さまが行うことは、

1.Webブラウザに目的のホームページのURLを打ち込む

ではないでしょうか。
あるいは、別のWebページ内に貼られているリンクを踏むことも多いでしょう。
WebブラウザとはGoogle Chrome、Edge、Firefox、safariなどのことを指します。

そうやってWebブラウザに目的のホームページのURLを打ち込むと、

2.Webブラウザが、URLにひもづくサーバーにリクエスト(要求)を送る

という作業を行います。

具体的には、WebブラウザからDNSサーバーに、目的のホームページのURLのIPアドレスを教えてください……というリクエスト(要求)の作業を行います。

DNSサーバーとは、ドメイン名とIPアドレスを変換する仕組みを提供するサーバーです。

DNSとは「Domain Name System」の略のこと。

例えば「192.168.0.0」のような、数字の羅列でしかないIPアドレスがあるとします。
このアドレスを、人間にも覚えやすい「www.web-qualityroad.com」などの簡単なドメイン名で通信先を指定することを可能にしているシステムが、このDNSです。

IPアドレスとは、ざっと解説すると「Internet Protocol Address」の略で、ネットワークに繋がっている機器(スマホやPCなど)に割り振られた番号のことです。

Webブラウザが、URLに紐づくサーバーにリクエスト(要求)を送ると、次は、

3.サーバーがWebブラウザに、URLに対応したデータをレスポンス(応答)する

という作業を行います。

Webブラウザはまず、DNSサーバーから返答されたIPアドレスをもとに、ホームページが保管されているWebサーバーを訪問します。
Webサーバーは、目的のURLに関連するファイルのデータをWebブラウザに返すという形でレスポンス(応答)します。

そのWebサーバーからのレスポンス(応答)を受けて、

4.Webブラウザは、Webサーバーから受け取ったデータを使い、Webページを表示させる

という過程を経て、ホームページの閲覧に至ります。

Webサーバーから受け取ったファイルのデータはコンピューター言語で書かれています。
なので、Webブラウザはまず、Webサーバーから受け取ったHTMLやcssのデータを翻訳し、人間に理解できる形にして画面に表示します。

ホームページを閲覧するためには、Webブラウザとサーバーの間で、このような、リクエスト(要求)とレスポンス(応答)の応酬が必要となるわけです。

【画像引用】
ホームページの仕組み(総務省)

ほとんど言葉だけで説明を試みましたが、イメージが湧きましたでしょうか。

用語のまとめ

  • 「ブラウザ」とはホームページを閲覧するために使うソフトのことで、Google Chrome、Edge、Firefox、safariなどのこと。
  • 「URL」とは「Uniform Resource Locator」の略称で、インターネット上に存在する情報資源(文書や画像など)の場所を指し示す表示方法。
  • 「DNS」とは「Domain Name System」の略で、ドメイン名とIPアドレスを対応関係を管理するシステムのこと。
  • IPアドレスとは「Internet Protocol Address」の略で、ネットワークに繋がっている機器(スマホやPCなど)に割り振られた番号のこと。

今回は、つたないながらも、ホームページを閲覧できる仕組みの解説を試みてみました。
皆さまの参考になれば幸いです。

ホームページ制作ならクオリティロードWeb制作チームへ

なお、株式会社クオリティロードWeb制作チームでは、ホームページ制作をご検討されているお客さまの、さまざまなご要望に総合的にお応えするため、多様なWebサービスをご提供しています。

ホームページのコンセプト作りからデザインまで、トータルでお手伝いいたします。
Web集客を成功させたい中小企業・中小事業者さま、株式会社クオリティロードWeb制作チームにお任せください。

ご興味のある方は、以下のバナーから詳細をご覧ください。

あわせて読みたいコラム

中小事業者・中小企業がホームページを持つべき理由
初めてのホームページ制作でまずやるべきこと
SEO対策で検索エンジンでの上位表示を目指そう
継続的な更新で企業ホームページを育てよう
CMSを企業ホームページで活用するメリット
安心感を与えるホームページとひと気の関係
文字数の多いページが検索上位に来る理由
ホームページ運営でリピーターを獲得しよう
ホームページの仕組みと構造を解説