検索エンジンのサジェスト機能をSEO対策に活かそう

SEOを意識して対策しているのに、検索からの流入がなかなか増えない。

そもそも、どんなキーワードを設定すれば検索上位に表示されるの?

それなりにSEO対策のことを勉強したつもりなのにこのようなお悩みをお抱えの、Web担当者になってしまった会社員の皆さまや、ホームページを活用して集客したい経営者の皆さまは、多いのではないでしょうか。

そんな皆さまのために今回は、

  • SEO対策とキーワード選定
  • キーワードの選定方法とサジェストキーワード
  • サジェストキーワードの重要性と活用法

について解説を試みます。

SEO対策とキーワード選定

そもそも「SEO」とは何ぞや?
という皆さまもいらっしゃるかと思います。

SEOとは、Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)の略で、日本語では「検索エンジン最適化」とも言われます。

Googleなどの検索エンジンで検索上位表示をさせて、アクセスを集めるための対策のことです。

参考】
SEO対策で検索エンジンでの上位表示を目指そう

ネットで検索した際に、まず私たちが見るのは、検索上位に表示されたホームページですよね。
誰かにホームページを見てもらうには、検索エンジンで上位に表示されることが、とても重要になります。

では、検索エンジンでの検索結果で上位表示されるにはどうしたらよいでしょうか。

まず、皆さまが検索エンジンで検索する際に何をするか思い出してください。

最初に検索サイトの検索窓・検索欄に、何かしらの言葉を打ち込むと思います。
その言葉こそが「キーワード」です。

キーワード選定は、ユーザーの知りたいことや疑問、悩みなどが、どのようなことにあるかを考える作業です。

ホームページを運営する側の立場からは、

  • どのようなキーワードで検索した人に知ってもらいたいのか。
  • どのようなキーワードで検索した人に読んでもらいたいのか。

こういったことを明確にする作業が、キーワード選定の作業となります。
このキーワード選定は、SEO対策をするうえで、とても重要な作業になります。

キーワードの選定方法とサジェストキーワード

キーワードの選定方法には、さまざまなアプローチがあります。

例えば、

  • ホームページに来訪するターゲットの人物像や悩みについて考えたり、
  • 悩みやニーズからどんなコンテンツを必要としているか考えたり、
  • 一つのキーワードから、それに関連するキーワードを探したり。

あるいは、

といった無料ツールを使って、キーワードを調べる方法もあるでしょう。

今回のコラムでおすすめしたいのは、Google検索結果ページの「サジェストキーワード」「他のキーワード」を参考にするという方法です。

  • 「サジェストキーワード」とは、ユーザーの検索頻度やキーワードとの関連性などによって、自動的に検索ワードを提示してくれる「サジェスト機能」によって、検索窓・検索欄にキーワードを入力した際に、その下に、次の検索候補として表示される関連キーワードのこと。
  • 「他のキーワード」とは、検索結果画面の下部に表示されるキーワード群のことで、一緒に検索される頻度が高いキーワードが表示される仕組みである一方、ユーザーの検索傾向は考慮されてないといわれています。

この「サジェストキーワード」や「他のキーワード」は、厳密にいえば違いがあるものですが、ユーザーの検索状況を知る手がかりとして、いずれも、とても重要な存在といえるでしょう。

サジェストキーワードの重要性と活用法

サジェストキーワードをきちんと意識してコンテンツを作成することは、SEO対策を施すうえで、とても重要になります。

では、サジェストキーワードの重要性として、何が挙げられるでしょうか。

まずは、すでに述べましたが、

  • キーワードの選定に威力を発揮する

という点が挙げられます。

サジェスト機能がユーザーに提案するキーワードは、過去のデータから予測されたキーワードです。
そのため、多くのユーザーが関心を持っている可能性が高いと、検索エンジンが判断して提案している……と容易に推測できます。

また、各検索エンジンのアルゴリズムでは「ユーザーにとって有益なコンテンツ」であると判断したサイトを、検索上位表示するように調整しています。

つまり、これらを併せ考えると、サジェストキーワードをもとにSEO対策を行えば、アクセス数のアップや検索上位表示の可能性は高まる……ということになります。

一方で、

  • コンテンツ制作に活用することができる

という側面もあります。

これから、どのような内容のコンテンツを作成して、効果的に検索上位表示を達成するか。

多くのユーザーがとても関心を持っていると推測できる語句がサジェストキーワードである旨は、すでに述べました。
そのため、サジェストキーワードは、記事の制作段階においても、重要な基準になりえます。

サジェストキーワードを盛り込み、ユーザーにとって有益な記事を制作すれば、多くのユーザーが関心を持ち、検索サイトも有益なページとして評価するでしょう。

また、このサジェストキーワードは、

  • リライト作業でも効果的に活用できる

という利点もあります。

サジェストキーワードには、単純な検索数だけでなくここ最近の検索傾向なども反映されます。
なので、現在のユーザーの関心がどこにあるかを知る上でも、とても有用なキーワードなのです。

多くの記事は、時間とともに検索順位が下がりがちです。
そのようなときに、最新のサジェストキーワードを見直し、把握したうえでリライト作業を行うと、SEO対策の効果を得られやすくなります。

◇   ◇   ◇

今まで思いつかなかったキーワードも発見することができる、このサジェストキーワード。
このサジェスト機能は、SEO対策との親和性が非常に高いので、活用しない手はありません。

サジェストキーワードや、前述の「他のキーワード」を含むコンテンツを増やしていくことで、ホームページを育てることができます。

参考】
継続的な更新で企業ホームページを育てよう

コツコツとコンテンツを増やして、検索上位表示に効果的なホームページ運用をおこなっていきましょう!

ホームページ制作ならクオリティロードWeb制作チームへ

なお、株式会社クオリティロードWeb制作チームでは、ホームページ制作をご検討されているお客さまの、さまざまなご要望に総合的にお応えするため、多様なWebサービスをご提供しています。

ホームページのコンセプト作りからデザインまで、トータルでお手伝いいたします。
Web集客を成功させたい中小企業・中小事業者さま、株式会社クオリティロードWeb制作チームにお任せください。

ご興味のある方は、以下のバナーから詳細をご覧ください。

あわせて読みたいコラム

中小事業者・中小企業がホームページを持つべき理由
初めてのホームページ制作でまずやるべきこと
SEO対策で検索エンジンでの上位表示を目指そう
継続的な更新で企業ホームページを育てよう
CMSを企業ホームページで活用するメリット
安心感を与えるホームページとひと気の関係
文字数の多いページが検索上位に来る理由
ホームページ運営でリピーターを獲得しよう
中小企業のホームページを狙うサイバー攻撃