PREP法・SDS法とは? 意図が伝わる文章の作成法

  • コンテンツ制作に取りかかったが、意図が伝わる文章が書けない……。
  • どうすれば上手に、伝えたい内容が伝わる文章を書けるのだろう。

上記のような悩みを抱えているWeb担当者になってしまった会社員の皆さまや、ホームページを活用して集客したい経営者の皆さまも、いらっしゃるのではないでしょうか。

そんな皆さまのために今回は、PREP法・SDS法というフレームワークを紹介しつつ、意図が伝わる文章の作り方について解説します。

わかりやすい文章とは

わかりやすい文章とは、読者がメッセージを明確に理解しやすい文章のことです。
具体的な内容で、その内容が整理されている文章は、わかりやすい文章といえます。

【参考】
実際にコンテンツを制作してみよう

実際にコンテンツを制作してみよう

コンテンツマーケティングの知識が増える中で、上記のような悩みを抱えているWeb担当者になってしまった会社員の皆さまや、ホームページを活用して集客したい経営者の皆さ…

読者の知識のレベルに合わせた内容や、読者が興味を抱いている内容を選んで書くことも大切です。

また、読者が情報をスムーズに理解しやすくするために、PREP法やSDS法のようなフレームワークを使うことも有効です。

目的に応じた書き方

文章を書くときは、まず目的を明確にしましょう。
説明したり説得したりする場合は、その目的に合わせて文章を組み立てます。

PREP法は、主張や提案、その意図をはっきり伝えたいときに有効なフレームワーク。
結論から入り、その後で理由や例を挙げて補強します。

一方、SDS法は要点をまとめた後、詳細を説明し、再び要点を強調する手法です。

目的に応じて、適切な方法を選ぶことが大切です。
これらの方法を使えば、目的に応じた効果的な文章が書けます。

PREP法とは

PREP法とは、

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(例やデータ)
  • Point(結論の再強調)

の頭文字を取ったもので、話す内容や文章の構造を明確にするための手法です。

この方法は、聞き手や読者に対して、ポイントを明確に伝え、説得力を持たせるために非常に効果的です。

PREP法の最大の利点は、その構造が非常に明確であること。

結論から入ることで聞き手の注意を引き、理由と具体例を挙げることでその結論を補強し、最後に結論を繰り返すことでメッセージを強化します。

この明確なフレームワークによって、伝えたい内容が聞き手や読者にしっかりと届けられるため、Webサイトのコンテンツはもちろん、ビジネスのプレゼンテーションや日常的なコミュニケーションにも適しています。

PREP法とは

PREP法の書き方と例文

PREP法を使用する際の基本的な書き方は次の通りです。

  • Point:結論を明確に述べる
  • Reason:その結論に至る理由を説明する
  • Example:実際の例やデータを挙げて、理由を補強する
  • Point:結論を再度強調し、文章を締めくくる

例えば、

  • Point:「この商品は優れた性能を持っています」
  • Reason:「なぜなら、最新のテクノロジーを採用しており、高速で効率的に作業を行うことができるからです」
  • Example:「たとえば、この商品は1分間に1000回のデータ処理を行うことができます。また、高性能なバッテリーを搭載しており、連続使用時間は最大10時間です」
  • Point:「この商品は優れた性能と使いやすさを兼ね備えており、効率的な作業環境を提供します」

というような構成で文章を作成すれば、伝えたい内容が、しっかりと伝わります。

以上のようにPREP法は、理論的にも実践的にも非常に有効なライティング及びスピーチの方法です。

SDS法とは

SDS法とは、文章を効果的に構成するための手法の一つです。

  • Summary(要点)
  • Details(詳細)
  • Summary(要点の再確認)

の頭文字を取ったもので、三段階で情報を整理し、伝える方法です。

この手法は、読者の注意を引きつけ、メッセージを明確に伝えるために用います。

SDSは特に、聞き手や読者に対して直接的な影響を与えたいときや、情報を簡潔に伝えたい場合に有効です。

SDS法の大きな利点は、その構造が非常にシンプルであることです。

この方法では、文章の最初と最後に要点を繰り返すことで、メッセージの核心を強調し、同時に読者の記憶に残りやすくします。

また、中間部の「Details」で提供される具体的な情報が、要点の信頼性を高める効果もあります。

このわかりやすい構造は、読者が情報を追いやすくするため、特に指示や要約が必要なビジネス文書や教育的な文章に適しています。

SDS法とは

SDS法の書き方と例文

SDS法を用いた文章の書き方には以下のステップを踏みます。

  • Summary:冒頭で主要な要点を簡潔に提示する
  • Details:詳細情報を展開する
  • Summary:冒頭で触れた要点を再度確認し、強調する

まず、文章の冒頭で主要な要点を簡潔に提示し、その後で詳細情報を展開します。最後に、冒頭で触れた要点を再度確認し、強調することが重要です。

例えば、

  • Summary:「このイベントについてお話しします」
  • Details:「このイベントは来週の土曜日に開催されます。場所は〇〇ホールで、時間は午後2時から4時までです。参加費は無料です」
  • Summary:「このイベントは多くの方に参加していただきたいため、広く告知しています。ぜひお気軽にご参加ください」

上記のようにSDS法を使うと、情報を効率良く伝えることができます。

読み手は最初と最後に要点が強調されることで、主要なメッセージをより深く理解しやすくなります。

PREP法とSDS法の違い

PREP法は、まず結論を提示し、その後に理由や具体例を挙げて再度、結論を強調するという構造を取ります。
この方法は、聞き手が最初に結論を理解した上で具体的な説明を聞くことができるため、内容を明確に伝えやすいです。

一方、SDS法は、要点を簡潔に伝えた後、詳細な情報を提供し、最後に再び要点を強調する手法です。
この流れは、情報の全体像を掴みやすくするため、話題の導入や概要説明に適しています。

PREP法とSDS法の使い分けは、その場の状況や目的によって異なります。

例えば、学術会議やビジネスプレゼンテーションでは、聴衆が結論をすぐに把握できるようにPREP法を使用することが効果的です。

対照的に、一般的な情報提供や紹介文では、聞き手が情報を段階的に理解できるようにSDS法が適しているでしょう。

具体的な使い分けの例を挙げます。

製品のプレゼンテーションでPREP法を用いる場合、まず製品の最も重要な特長を明確に述べ、「この製品は市場で最も効率的な解決策です」と結論づけることができます。
それを支える技術的な詳細や顧客事例を紹介した後、再び結論を強調し、製品の価値を確認します。

一方で、地域イベントを案内する際にはSDS法を採用することができます。
初めにイベントの要点を簡潔に「次週、地域文化フェスティバルが開催されます」と紹介します。
その後、開催日時や場所、予定されている活動内容を詳しく説明し、最後に「このフェスティバルで地元の文化を体験し、楽しい時間を過ごしましょう」と要点を再度強調します。

まとめ

PREP法とSDS法はそれぞれ異なるアプローチを持ちながらも、明確で効果的なライティングのための技法です。

わかりやすい文章への最初の一歩となりえます。

「伝える」ことを強化し、「作成」の効率を高めるこれらの方法は、様々な文章に応用可能。

たとえば、ビジネス文書、学術的な文章、あるいは日常的なコミュニケーションにも役立ちます。

文章力を向上させるためには、これらの方法を実践し続けることが重要です。

PREP法やSDS法を使った文章作成の練習を定期的に行い、自己の表現を見直すことが効果的です。

  • 「例文」を作成してみることから始め、
  • 徐々にそのスキルを実際の「ライティング」タスクに応用

してみてください。

また、他人の文章に対してもこの視点で分析し、どの方法が使用されているかを考えることで、より深い理解と応用が可能になります。

PREP法とSDS法を活用して、わかりやすく、意図が理解されやすい文章を作成していきましょう。

【参考文献】
SEOに強いWebライティング 売れる書き方の成功法則64(ソーテック社)

ホームページ制作ならクオリティロードWeb制作チームへ

なお、株式会社クオリティロードWeb制作チームでは、ホームページ制作をご検討されているお客さまの、さまざまなご要望に総合的にお応えするため、多様なWebサービスをご提供しています。

ホームページのコンセプト作りからデザインまで、トータルでお手伝いいたします。
Web集客を成功させたい中小企業・中小事業者さま、株式会社クオリティロードWeb制作チームにお任せください。

ご興味のある方は、以下のバナーから詳細をご覧ください。

あわせて読みたいコラム

コンテンツ制作には書く技術が必要
検索から訪れる真剣ユーザーとたくさん出会おう!
キーワード選定を成功させるコツは3C分析の活用
ロングテールキーワードとは? ブルーオーシャンを狙うSEO
検索意図とは?サジェストと共起語の違いと関連