キーワード出現率は気にせず役に立つコンテンツを!

「コンテンツを作成する際に、キーワードの出現率を気にしたほうが良いの?」
「キーワードを意識しても、検索順位が全然上がらない」

そう考えているWebサイト制作を検討中の中小企業経営者の皆さまやコンテンツ制作者は、多いのではないでしょうか。

それはきっと、キーワード出現率を気にするばかりで、役に立つコンテンツを作成できてないからです。

今回は、現代のSEO対策とキーワード出現率の相関関係と、自然な形でキーワードを使用しつつ、有益で信頼性のある情報を提供する方法について解説します。

現代のSEO対策とキーワード出現率

かつてのSEO対策においては、キーワード出現率という指標が検索エンジンの上位表示に大きく影響すると考えられていました。

かつてのコンテンツ制作者は特定のキーワードをページ内に多数含めることで、検索エンジンから良い評価を得ようとしました。

この方法は、一時期、成功します。
多くのサイトが競ってキーワードを多用しました。

しかし、現代のSEO対策において、Googleをはじめとする検索エンジンのアルゴリズムが進化し、過剰なキーワードの使用が逆効果となることが明らかになりました。

現在のSEO対策におけるキーワード出現率の役割

現在のSEO対策では、キーワード出現率を気にする必要はほとんどありません。

むしろ、自然で役に立つコンテンツを作成することが重要視されています。

Googleのアルゴリズムは、キーワードの出現率よりも文章の自然さやコンテンツの質を重視しています。

キーワードの使い方は依然として重要ですが、それはキーワードがページのテーマを明確にするためであり、ユーザーが求める情報を提供するためです。

キーワード出現率を考えすぎないことが、自然で信頼性の高いコンテンツ作成の鍵となります。

キーワード出現率と検索順位の関係

キーワードスタッフィングのリスク

過剰にキーワードを使用する「キーワードスタッフィング」は、現在では大きなリスクを伴います。

不自然な文章が生まれ、ユーザーにとっての利便性が低下するだけでなく、検索エンジンからペナルティを受ける可能性もあります。

Googleなどの検索エンジンは、キーワードスタッフィングをスパム行為と見なし、これを防ぐための厳格な対策を講じています。

キーワードの乱用とは、Google 検索結果のランキングを操作する目的で、ウェブページにキーワードや数字を詰め込むことです。キーワードの乱用では、不自然にリストやグループの形式を使ったり、関連性のない場所でキーワードが記載されたりする傾向があります。キーワードの乱用の例としては、次のようなものが挙げられます。

  • 実質的な付加価値のない電話番号の羅列
  • ウェブページが特定の都市や地域に関する検索結果の上位に掲載されるようにするために、都市名や地域名を羅列したテキストのブロック
  • 同じ単語や語句を不自然なほど繰り返すこと。たとえば次のようなものです。

無制限のアプリストア クレジット。アプリストア クレジットを無償で提供すると主張するサイトは数多く存在しますが、すべて偽物であり、無制限のアプリストア クレジットを探しているユーザーをいつも混乱させています。この Web サイトでは、無制限のアプリストア クレジットを取得できます。 アプリストア クレジットが無制限の当社のページに今すぐアクセスし、クレジットを入手しましょう。

【引用】Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー キーワードの乱用(Google検索セントラル)

そのため、SEO対策においては、キーワード出現率を気にしすぎるのではなく、ユーザーにとって役に立つコンテンツを提供することが最も重要です。

ユーザーに役立つコンテンツとは

現在のSEO対策において、ユーザーファーストの考え方が非常に重要です。

検索エンジン、特にGoogleはユーザーにとって役に立つコンテンツを高く評価します。

キーワード出現率を気にしすぎるよりも、ユーザーが求める情報を提供することが求められます。
ユーザー中心のコンテンツを作成することで、自然とSEOの効果が高まりますし、長期的に見てもユーザーからの信頼を得ることができます。

読者のニーズを把握するためには、さまざまな方法があります。

最も簡単な方法は、検索クエリやトレンドを分析することです。
これにより、どのような情報が求められているかを知ることができます。

【参考】
検索意図とは? サジェストと共起語の違いと関連

検索意図とは? サジェストと共起語の違いと関連

「どんなキーワードでコンテンツを作れば検索順位が上がるのだろう」「ユーザーの心をとらえるキーワードがどんなものかわからない」 そう考えているWebサイト制作を検討…

また、ユーザーからの直接のフィードバックも非常に有用です。

コメントや問い合わせを通じて、ユーザーがどのような疑問を持っているかを確認しましょう。

ソーシャルメディアの活用も効果的です。ユーザーの発言や投稿を注意深く観察することで、彼らの関心や興味を把握することができます。

ユーザーに役立つコンテンツを提供するためには、有益で信頼性のある情報を提供することが不可欠です。

  • 情報の根拠を明示し、信頼できるデータや専門知識を引用する。
  • 定期的にコンテンツを更新する。
  • 最新の情報を提供することで、常にユーザーに有益な情報を提供し続ける。
  • 情報の正確性を保つために、誤った情報が含まれていた場合には速やかに修正する。

これらの施策をおこなうことで、ユーザーにとって信頼できる情報源となることができます。

【参考】
自社を見つけてもらう仕組みをブログで作ろう

自社を見つけてもらう仕組みをブログで作ろう

コンテンツマーケティングの知識が増え、実践してみようとする中で、上記のような疑問を抱えているWeb担当者になってしまった会社員の皆さまや、ホームページを活用して集…

効果的なコンテンツ作成のポイント

効果的なコンテンツ作成のポイントとして、以下の3点が挙げられます。

  • 自然なキーワードの使用
  • 共起語の活用
  • エンゲージメントを高める

それぞれ、解説します。

自然なキーワードの使用

自然なキーワードの使用は、現代のSEO対策において非常に重要です。

かつてはキーワード出現率が検索エンジンのランキングに影響を与えると考えられていましたが、現在ではGoogleのアルゴリズムの進化により、キーワード出現率を気にしないで自然な文章を書くことが求められています。

無理にキーワードを詰め込むことなく、ユーザーが求める情報を提供するほうが効果的です。
タイトルや見出しにキーワードを適度に含めると良いですが、考えすぎないように心がけましょう。

共起語の活用

共起語とは、あるキーワードと一緒に使われることが多い語句のことを指します。

【参考】
検索意図とは? サジェストと共起語の違いと関連

検索意図とは? サジェストと共起語の違いと関連

「どんなキーワードでコンテンツを作れば検索順位が上がるのだろう」「ユーザーの心をとらえるキーワードがどんなものかわからない」 そう考えているWebサイト制作を検討…

共起語を活用することで、コンテンツの自然さと質を向上させることができます。

例えば「SEO」というキーワードを使用する際には、「検索エンジン」や「アルゴリズム」といった共起語も自然に使うと良いでしょう。

これにより、検索エンジンに対してもユーザーに対しても、より関連性の高い内容を提供することができます。

エンゲージメントを高める

エンゲージメントを高めることも、SEO対策として非常に重要です。

エンゲージメントが高いコンテンツは、ユーザーが長時間ページに滞在したり、他のページにもアクセスしたりするため、検索エンジンから高評価を得る可能性が高まります。

そのためには、わかりやすい文章や役に立つ情報を提供し、ユーザーの関心を引き続けることが大切です。

また、画像や動画を適切に使用して視覚的な効果を追加することも効果的です。

ユーザーとのインタラクションを意識し、質問やコメントに対して迅速に対応することもエンゲージメントを高めます。

キーワード出現率を本当に気にしなくていいの?

ある企業では、特定のキーワードにこだわらず、ユーザーが本当に求めている情報を中心にコンテンツ制作を行い、検索エンジンの上位にランクインすることに成功しました。

その企業は、特定のキーワードにおいて、キーワード出現率0%で、検索順位の上位表示を成功させています。

この企業は、製品の特徴や使用方法を詳細に説明するだけでなく、ユーザーが知りたいと思う関連情報を提供することで、多くのユーザーの信頼を得ました。

ユーザーが検索エンジンを使う理由や背景を把握したうえで、上記の

  • 自然なキーワードの使用
  • 共起語の活用
  • エンゲージメントを高める

を行い、信頼性の高い情報源を参考にするなどして、正確で詳細な情報を提供し、ユーザビリティを向上させましょう。

これらの手順を実践すれば、キーワード出現率を気にせず、役に立つコンテンツを作成することができ、SEO対策の効果を最大化することができます。

まとめ

2024年現在のSEO対策では、キーワード出現率を考えすぎないことが重要になります。

かつてはキーワード出現率がSEO対策上で重要と考えられていましたが、現在ではGoogleのアルゴリズムの進化により、役に立つコンテンツの質が重視されています。

キーワードを無理に盛り込む「キーワードスタッフィング」はむしろ評価を下げるペナルティを受けるリスクがあります。

今後のSEO対策では、キーワードよりも自然な文章でユーザーに役立つ情報を提供することが求められるでしょう。

中でも、現在のSEO対策において最も重視されるのは、ユーザーにとって役に立つコンテンツを提供することです。

キーワード出現率を気にするよりも、ユーザーのニーズを満たし、検索意図に合った有益な情報を提供することが大切です。

検索エンジンはユーザビリティ(使いやすさや効果性、ユーザーの満足度)とコンテンツの質を高く評価するようになっています。

そのため、SEO対策を成功させるためにはユーザー重視のコンテンツが欠かせません。

質の高いコンテンツは自然に検索エンジンにも評価され、結果として良いSEO効果を得ることができるでしょう。

【参考文献】
SEOに強いWebライティング 売れる書き方の成功法則64(ソーテック社)

ホームページ制作ならクオリティロードWeb制作チームへ

なお、株式会社クオリティロードWeb制作チームでは、ホームページ制作をご検討されているお客さまの、さまざまなご要望に総合的にお応えするため、多様なWebサービスをご提供しています。

ホームページのコンセプト作りからデザインまで、トータルでお手伝いいたします。
Web集客を成功させたい中小企業・中小事業者さま、株式会社クオリティロードWeb制作チームにお任せください。

ご興味のある方は、以下のバナーから詳細をご覧ください。

あわせて読みたいコラム

コンテンツ制作には書く技術が必要
検索から訪れる真剣ユーザーとたくさん出会おう!
キーワード選定を成功させるコツは3C分析の活用
ロングテールキーワードとは? ブルーオーシャンを狙うSEO
検索意図とは?サジェストと共起語の違いと関連